アピール方法を間違えない事

Q、僕はこれまで婚活パーティーなどに参加してお相手に自分の年収や職業、それから趣味などをしっかりとアピールしてきています。婚活ではこのように自分のことを確認するのがとても大切だということは知っているのですが、あまりお相手から良いイメージを持たれることはなく、これまでにお付き合いが上手くいったことがありません。女性は男性の年収や職業、それから趣味などを知りたがるので、僕は自分からどんどんアピールしていくようにしているのですが、どうして上手くいかないのでしょうか?年収は平均して高い方だと思うし結婚した後の生活についてもしっかりとした理想があります。こうした理想についても女性側には伝えるようにしてるし、自分の事をどんどんアピールしているにもかかわらずお付き合いが上手くいかないので、どうしたら良いのか、とても悩んでいます。

たまたまお相手の希望する条件に一致していないだけなのでしょうか?それとも何か僕のアピール方法等に間違っている部分があるのでしょうか?

シャンクレール

婚活をしていく上でアピールを間違えてしまうと大変です。

A、自分の年収や職業などをしっかりと相手にアピールしていくことは確かに婚活では大切なことになります。しかしそのアピール方法を間違えてしまうとお相手には嫌がられてしまうような場合があるので注意しなくてはなりません。特に年収や職業に関して、あなたは一般的な年収よりも高い年収を得ているということですが、こうした部分を自分の中でやや鼻にかけてアピールしている部分があるのではないでしょうか。もちろん年収が高いということはとても良い条件の一つになっているのですが、わざわざそれを自分からアピールしていくというのは相手にしてみれば、「私はお金目的で来たとしているわけじゃない」と言った反感を買ってしまう理由の一つにもなります。

職業や年収というのはプロフィールカードで相手をしっかりと把握していますから、わざわざ自分でアピールをしているような事ではないと思います。職業に関してもお相手に聞かれたら、初めて答えるようにしてみてはいかがですか?次々と自分からアピールしてしまうと会話も続かなくなりますし、お相手にしてみれば「もっと違うことを聞きたいのに」なんて言う気持ちを持ってしまうこともあると思います。同じ内容をアピールするにしてもアピール方法の違いによって、相手が受け取るイメージが全く違いますから今までと少し変えてみると良いかもしれませんよ。